B E A U T R A V E L

Welcome to my blog

【人生初のカプセルホテル宿泊記】TUBE Sq(チュウブ・スクエア)は超快適だった!

f:id:cosme-concierge-mm:20191214000252j:plain

 

先日、仙台から来た妹と合流してグアムに行く際、時間の関係でどうしても中部国際空港周辺で前泊する必要がありました。

 

大きい空港なので周辺にビジネスホテルは点在しているのですが、ただ寝るだけなのに2万円弱となかなかいいお値段^^;

 

「そういえば空港にカプセルホテルの広告があったな…。」と思い出し、人生初のカプセルホテルに泊まってみました!

 

TUBE Sq(チュウブ・スクエア)ってどうなの?


 

第一ターミナルに直結しているTUBE Sq(チュウブ・スクエア)は宿泊や仮眠に利用できるカプセルホテルです。

 

シャワールームだけを借りる1時間のプランもあるので、長距離線に乗る前にシャワーを浴びてスッキリしたいという方にもおすすめです。

 

時期によって料金は変わりますが、12時間利用のプランで4,000円ほどでした。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214002341j:plain

 

利用方法は意外と簡単


 

なにせ人生初のカプセルホテルなので「荷物はどうするのか?」「パジャマはあるのか?」などなど疑問がいっぱい。

 

男性と女性はもちろん分かれていて、女性ブースに入ると大きなスーツケースも余裕で入るロッカーが用意されていました。

 

貴重品以外の荷物はとりあえずここに入れればOK。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214002924j:plain

 

カプセル室ってどうなってるの?


 

寝る場所(カプセル室)は二段ベッドのようになっています。

 

私は上の段でしたが写真で見るよりもなかなかの高さがあって、寝ぼけていたらちょっと怖いなと思うほど。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214003048j:plain

 

入口のところを布製のシェードで閉めることができるので、周りの目は気になりませんが、他人の声が聞こえるなんて無理!っていう方には不向きです。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214003339j:plain

 

カプセル室は鏡・金庫・ライト・コンセントなど必要な設備は整っています。

 

私は狭くて天井が低いところが落ち着くので、この時点でまた利用したいなと考えていました(笑)

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214003601j:plain

 

・館内着

・スリッパ

・バスタオル

・フェイスタオル

 

必要最低限のアメニティーは揃っています。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214003850j:plain

 

シャワールームはどう?


 

女性が気になるのは水まわりだと思いますが、シャワールームは清潔感があって快適に利用できました。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214004113j:plain

 

あると嬉しいアメニティーも。

 

f:id:cosme-concierge-mm:20191214004200j:plain

 

スキンケアも一通り揃っているので、なんなら手ぶらでも宿泊できちゃうくらい。

 

女性にもおすすめしたいカプセルホテル


 

正直、カプセルホテルっておじさんが泊まるイメージ(失礼)だったのですが、今回初めて利用してみて快適さと安さにびっくりしました!

 

24時間好きな時間にチェックインできるシステムなので、夜中の1時くらいに騒がしい団体さんが入ってきた時は目が覚めてしまいましたが、またすぐ寝れたので私は特に気になりませんでした。

 

妹と海外旅行に行く時はカプセルホテルに前泊するのが恒例になりそうです♪

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村